F.A.Q.
主な
はい、あります。詳細はhttp://bit.ly/2IGfBAoを参照してください。
Blokchein-commune, Moscow, 2-nd Donskoi Proezd, 9, str.3
この情報は平成30年の秋に好評され、現在交渉中です。
いくつかの例外を除いて、すべての国に参加が出来ます。この例外は、米国、中国、シンガポール等の国々の管轄区域にある規則内にあります。
プロジェクトのことがよく分かる方法は、直接連絡することです。すべての連絡先は、当サイトの連絡先セクションにあります。
Token sale
Pre Saleは30年9月9日に終了し、主なToken Saleは30年10月10日から11月10日まで開催されます。
VRXは、プラットフォーム内の以下の操作で使用されます:

-新しい領土の創設の手数料の支払い;
-仮想土地の作成におけるプロットの所有権を決定するオークション、および土地スポットの所有者(販売)を変更する取引に参加すること;
-ユニークなアイテムの作成およびその収益化、市場の手数料およびその他の支払いの手数料(存在する場合)の支払い;
-VR空間全体をサポートするサーバ容量を提供する報酬;
-VR土地の内部管理に関する議決に参加;
-著作者が知的財産を収益化する方法を使用した場合、コンテンツ使用ライセンスの支払い;
-従業員およびプラットフォームの様様なサービスプロバイダの支払い。
Soft Cap: 1 000 000$
購入可能なVRX数は合計で130,000,000です。Pre Saleで 40,000,000 VRX、Token Saleで90,000,000 VRX。
はい、合計で250,000,000 のVRXが発行されました。
Ethereumプラットフォームです。
Pre Sale段階では、トークンの基本価格の5%から50%までの割引($ 0.05)が可能になります。
弊社のウェブサイト( viarium.io) のアカウント内にVRXトークンの保存ができます。また、 VRXトークンは取引所やMyEtherWalletに直接引き出すこともできますが、 VRXトークンはToken Saleの終了まで弊社のサイトに置かれます。
TokenSaleは、プロジェクトを実現し、プラットフォームをさらに推進するとともに、世界のViariumプロジェクトを発展させる共同体を引き付けるために行われます。
いいえ、Token Saleに参加の際、制限はありません。
ビジネスプランとRoadMapを打ち合わせる時、弊社の弁護士やアドバイザーと合意したコンセプトが得ました。この財務モデルによって、今後3年間のプロジェクトの可能なすべての費用がカバーできます。
安全性の問題
多種類の詐欺士やハッカーから来る絶え間ない脅威を考えると、暗号化通貨を保護し、安全を維持する方法に関して、比較的少数の方法があることは絶対に驚くべきことです。

まず、知らせて置きたいのは我技術安全の専門家は、ブロックチェーン及びWebセキュリティの分野に於ける最高です。完全なviarium.ioセキュリティとすべての格納されたデータを提供します。
Viariumプロジェクトでは、本当のセキュリティがあなたから始まることを思い出させます!単純なルールに従うだけで、ご通貨はどんなハッカーからの攻撃も安全保障です。

1. 電子メールアドレスを簡単に変更できるため、Viarium団体員またはviarium.ioドメインから電子メールで送信できるETH / BTCアドレスに決して通貨を送信しないでください。我団体は2段階認証を使用しているせいで、このような状況は起こりそうにありません。そのような情報が記載されたメールを受け取ったら、お気軽にTelegramまでご連絡ください。@viariumenまたは我公式Eメールアドレス:[email protected]

2. 開いているリンクを常にチェックしてください。リンクが安全かどうかを確認するには僅かな時間がかかりますが、ご神経とご通貨の保護ができます。以下のサービスを利用することをお勧めします:

а) http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=viarium.io
б) http://www.unmaskparasites.com/
в) http://www.phishtank.com/

3. 通貨を盗んだり、Viariumをハックしようとしているものを見つけたと思われる場合は、必ずお問い合わせください。すべてを安全に保つには、力を全部尽くします。

Viariumは常にご安全保障を確保するのにハッカーの既存の方法に注意しています!我プロジェクトに今すぐ参加しましょう!
その他
Viariumは、技術的なプラットフォームで、色々な地域に於けるマーケティング活動やPRキャンペーン通して、新しい参加者を巻き込むことで開発されるプロジェクトです。集まった資金の一部を利用して、信号の交通量の多い現実世界のVR技術のアクセスポイントを開設する予定です。それにより、大衆の間で技術を普及させ、追加の視聴者にアクセスできるようになります。(詳細は、対応する文書に記載されているビジネスモデルを参照してください)
世界各地のショッピングセンターでは、弊社は1m2から10m2の範囲内に業者が商品を展示できるVR設備を備えたショールーム「島」(アクセスポイント)を開きます。
弊社のプラットフォームは、投資家、VRコンテンツの開発者、事業主、ファンタジーと芸術のファン、健康、造船、建築分野に於ける活動している企業、普通の買い物客など、幅広い層を対象としています。
はい、Token Saleの成果に関せず、弊社のプロジェクトは存続します。
Viariumのチームは、TokenSaleを行う期間は2018年後半と2019年の2段階の予定です。第1段階での集まった資金は、プロジェクトアーキテクチャを研究し、プラットフォームのαバージョンの作成に使用する予定です。第2段階での集まった資金は、プロジェクトの開発や規模拡大、プラットフォームを世界にさらに進化するのに使用する予定です。
集められた資金に関する情報は、PreSale(事前販売)の開始時から、すなわち16.07.2018から利用可能になります。
TokenSale(トークンセール)の終了及び全ての必要な技術的手続きの後、トークンを引き出すことは可能になります。
購入は顧客の個人アカウントで利用可能になります。トークンセールの終了後、仮想土地スポットが売却されると、建物とインフラストラクチャがその上に作成されます。その後、建物の所有者は、その建物を販売するために公開するか、建物を貸し出すことが出来ます。
この手順は、WhitePaper(ホワイトペーパー)及びその他の取扱説明書に記載されています。参加者は必要なコンテンツを電子化します。まずは、コンセプトを描き、3dモデルを作成し、最適化と 'コード' への書き込みが行われ、テクスチャは最後に磨かれます。
ご自分で作成したり、マーケットプレイスで注文をしたり、第三者開発者から注文することが出来ます。
土地スポットの無限の「インフレーション」を制限することによって、我々はそれらの当初の需要を増やし、一般的に土地スポットの対し開発に対し競争効果を加え、オークション参加に追加の刺激を進めることが出来ます。
Viariumのチームは同様のサービスを提供する予定であり、また将来的にはマーケットプレイス、ビルディングデザイナー及びショールームの作成を計画しています。それにもかかわらず、どの参加者も第三者サービスを自由に使用することが出来ます。
更新に関する全ての責任は、ユーザーのみが負います。当然、これについて事前にユーザーに通知します。
コミュニティ自体は、株式を通じて投票と土地スポットのブロックのプロセスを管理します。この管理メカニズムは完全に分権されており、Viarium社によって管理されていません。
VRXトークンの他の暗号化通貨への交換は、特別な取引所を通じて行われます。Viariumプラットフォームの参加者は、相手と合意して、提供するサービスからどんな可能な方法でも収入を得ることも出来ます。例えば、伝統的な認可通貨での支払いのもとのP2P契約を締結すること。
顧客の土地スポットのサイズは購入したトークンの数とオークションへの参加度に依存しています。
Viariumプロトコルの世界では、1つの土地スポットは10m * 10mに制限されます。1つの世界は、総合面積1,000,000㎡の10,000件の土地スポットに限られています。
各新しい土地(世界)の価格は、その順序番号(1,2,3、等)に比例して増加します。より詳細な計算式は、「Viarium世界の概念」の文書に記載しています。
コンピューティングパワーの問題は、負荷の最適な分散の問題です。現時点では理想的解決策はありません。しかし、市場は停滞していません。すでに、キャパシティの分散化により負荷の大幅な削減が可能になっています。
現在、触感と温度を伝達できる手袋とバーチャルリアリティスーツが設計されてあります。近い将来、それらは大衆市場で発売され、購入可能となります。
Viarumプラットフォームを扱うには、顧客のコンピュータのブラウザで個人アカウントに入るだけで十分です。けれども、Viariumの世界に入るために、優れたビデオカードと仮想現実眼鏡セットを備えた非常に強力なコンピュータが必要です。例えば、Touch Controllerを備えたOculus Rift/Go とか HTC Viveコンピュータです。当プラットフォームへのアクセスは、バーチャルリアリティ用の各種のデバイスから出来ます。コンテンツ、土地などの管理は、どのブラウザからでも行うことが出来ます。
連絡先
グラスハウスビジネスセンタービジネスセンターGlass House
115093、Moscow、Lyusinovskaya street、36с1
ロシア モスク
グラスハウスビジネスセンタービジネスセンターGlass House
115093、Moscow、Lyusinovskaya street、36с1